2011年

5月

24日

NTTドコモ、自転車支援アプリ「cosoado Cycles plus」を24日より提供へ。ルート、消費カロリー表示などに加え、みちくさナビ機能を搭載

NTTドコモは23日、自転車支援アプリ「cosoado Cycles plus(こそあどサイクルズプラス)」を24日午前10時より提供開始すると発表した。このアプリはドコモとウイングスタイルが共同開発したもので、提供はウイングスタイルから行われる。自転車に乗って移動した距離やルート、速度、消費カロリーなどを表示してくれる機能に加え、「みちくさナビ」という特徴的な機能も搭載する。サイクリングを趣味とする方にとっては一度試してみたいアプリになりそうだ。

利用イメージ(NTTドコモ報道発表資料より)


基本料金は無料で、対象機種はAndroid 2.1以降が搭載されている次の6機種。「Xperia SO-01B」「GALAXY S SC-02B」「LYNX 3D SH-03C」「REGZA Phone T-01C」「MEDIAS N-04C」「Xperia arc SO-01C」。今後、順次対応機種が拡大される予定。

アプリはAndroid Marketとドコモマーケットで配信されるので、「cosoado cycles」などで検索すればヒットするはずだ。

cosoado Cycles plusで利用できる機能は、自転車での移動距離、移動ルート、消費カロリーなどの表示、お気に入りスポットの写真の投稿・共有機能、ポイント(リーフ)を集めてグッズと交換、みちくさナビ、計測データのグラフ表示、ラップタイム計測、人気ルートの表示などとなっている。この中で、計測データのグラフ表示、ラップタイム、人気ルートの機能は有料となる。

UPDATE
NTTドコモの発表では24日午前10時より提供開始とされていますが、実際にはかなり前からアプリ自体は「cosoado Cycles」としてリリース済みで、さらに「cosoado Cycles plus」へのバージョンアップも済んでいるようです。Android Marketの下記リンク先よりダウンロードできます。
Android Market/cosoado Cycles plus