「モバイルSuica」のAndroidアプリが7月23日に提供開始へ

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は23日、おサイフケータイ機能を搭載するAndroid(アンドロイド)スマートフォン向けに、「モバイルSuica」のサービスを7月23日より提供すると発表した。ただし、サービス提供開始当日には利用者殺到によるネットワークの混雑が予想されることから、通信事業者ごとに時間を分けてサービス提供が始まる予定。具体的な対象機種は6月末頃を目処に、改めてアナウンスされる。

利用イメージ。スイカをタップすると簡単に残高を確認できる。


各通信事業者別のサービスの提供開始日時は次の通り。

  • NTTドコモ:7月23日4時より
  • au:同日12時より
  • ソフトバンクモバイル:同日16時より

*ディズニーモバイルはソフトバンクモバイルと同じ日時。

Android向けモバイルSuicaで利用できるサービス内容は次の通り。

 

  • SF(電子マネー)の「入金(チャージ)」「クイックチャージ」「履歴表示」
  • 「通勤・通学定期券」「グリーン定期券」「FREX・FREX パル定期券」等の定期券
  • モバイル Suica 特急券
  • Suica グリーン券
  • ネットショッピングでの支払い(ネット決済)
  • ビューカードによるオートチャージ
  • ウィジェットによる残額確認

また、エクスプレス予約も同日から提供開始となる。銀行チャージサービスは詳細が決まり次第、改めて発表される見込み。

モバイルSuicaのサービスは4月末時点で約240万人が利用していることも明らかにされている。