ソフトバンク、AQUOS PHONE THE HYBRID 007SHを発表。折りたたみテンキー・スマートフォン。1610万画素カメラ搭載、防水防塵対応

ソフトバンクモバイルは20日、シャープ製Android(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」を発表した。007SHは、回転二軸ヒンジを採用したガラケー(従来の一般的携帯電話。フィーチャーフォンの通称)スタイルの端末で、テンキーを搭載する。一見したところ、まさにガラケーそのものという外観になるが、中身はAndroidスマートフォンであり、ガラケーの特徴を併せ持つ「ハイブリッド」機ということでこの名称がつけられたようだ。全国のソフトバンク携帯電話取扱店で6月上旬より予約受付を開始し、6月中旬以降に発売する。

搭載OSはAndroid 2.3。プロセッサはQualcomm MSM8255 1GHz。ディスプレイは3.4インチのフルワイドVGA(解像度854×480)NewモバイルASV液晶で、3Dに対応する。カメラはスマートフォンでは最高クラスとなるCCD1,610万画素カメラを搭載し、720pのHD動画撮影をサポートし、パノラマサイズの3D写真撮影も可能。

HDMI出力とDLNA機能をサポートすることから、液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイとの連携も可能。007SHの映像をテレビに映し出したり、逆にAQUOSブルーレイの録画映像を007SHで視聴することができる。ただし、DLNA機能を利用する場合は、テレビなどのAV機器側もサポートしている必要がある。

また、国内メーカー製スマートフォンとして、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、デコレメ、緊急地震速報に対応。

そして、再び外観及び筐体の紹介に戻るが、最大の特徴はガラケースタイルを採用した筐体だろう。

回転二軸のヒンジを使うことで、折りたたみのほか、ディスプレイを180度回転させることができる。一般的ガラケーと同じスタイルで、ディスプレイを表に向けた状態で折りたたみ、テンキーを収めた状態で一般的スマートフォンと同じような使い方もできる。この場合は完全にタッチ操作主体になる。また、Androidのメインキーである「HOME」「MENU」「BACK」はディスプレイの下部にタッチキーとして用意されている。

テンキー部分には発話、終話/電源、DEL、戻る、MENU、インターネット、メール、方向、決定ボタンがあり、この辺りの設計もガラケーのものを基本的に踏襲している。シャープがau向けに用意した「AQUOS PHONE IS11SH」も同じくガラケースタイルだが、こちらのテンキー部には発話、終話ボタンがない。同じシャープ製とはいえ、テンキー部の設計も異なる。よりガラケーライクで使えるのは007SHだろう。

さらに、007SHはIPX5/IPX7相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能も備える。

Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetoothは3.0。

カラーラインナップはブラック、ホワイト、ボルドー、ミスティブルーの4色で、端末のサイズは約113×51.8×19.3mm、重さは約140g。

左からミスティブルー、ボルドー、ホワイト、ブラック


【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
ソフトバンクモバイル/AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH製品紹介ページ