NTTドコモ、MEDIAS N-04Cへソフトウェア更新の提供を開始。不具合修正

NTTドコモは19日、NECカシオ製Android(アンドロイド)スマートフォン「MEDIAS N-04C」に対するソフトウェア更新の提供を開始した。今回提供されるアップデートソフトウェアはいくつかの不具合を修正するもので、ユーザーの方は適用しておきたい。自動更新には非対応なので、ユーザーが各自手動でアップデート作業を実施しなければならない。更新作業はPCを使わず、MEDIAS N-04Cのみで行うことができる。

更新の作業手順は下記リンク先で紹介されている。


ソフトウェア更新を適用することで改善される内容は次の通り。

  • 被写体によっては、カメラ撮影をした画像が黒くなってしまう場合がある。
  • 「Backキー」「Homeキー」「Menuキー」などを押したときにバイブレーションの動作時間が短く、体感できない場面がある。
  • 複数のアプリを起動しているなど携帯電話の負荷が高い状態の時に本体が再起動したり、microSDカードが装着されているにもかかわらず、“SDカードが取り外されています”というメッセージが出る場合がある。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/MEDIAS N-04Cのソフトウェアアップデート情報