QWERTYキーボード搭載「REGZA Phone IS11T」

KDDIは17日、富士通東芝製スマートフォン「REGZA Phone IS11T」を発表した。同社が同日発表した新スマートフォンの中ではIS11Tだけが9月以降に発売予定とされ、発表会における展示ブースでもホットモックはまだ用意されていなかった。他のスマートフォンは「INFOBAR A01」が7月上旬以降で、残る4機種が6月下旬以降の発売。これら他機種は来場者向けにパンフレットが準備されたものの、IS11Tのものはなかった。まだ時期が早く、資料を含めた最終準備を整える段階ではなかったようだ。これは仕様についても同様で、まだ確定していない。


想定されている実売価格(「毎月割」適用)は3万円台。

まず、最大の特徴はスライド式のQWERTYキーボードを搭載する点。auのAndroidスマートフォンラインナップでは、スライド式のQWERTYキーボード搭載モデルはIS11Tが初になる。物理キーボードを欲する方にとっては絶好の選択肢になるかもしれない。その他の仕様は、OSがAndroid 2.3、プロセッサがQualcomm MSM8655(1GHz駆動)、ディスプレイが4インチ液晶(解像度:854×480)。Wi-Fi、Bluetooth、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグも搭載。緊急地震速報もサポート。