ソフトバンク、「AQUOS PHONE 006SH」を発表。1.4GHz駆動のCPUを搭載したAndroid 2.3スマートフォン

ソフトバンクモバイルは18日、シャープ製Android(アンドロイド)スマートフォン「AQUOS PHONE 006SH」を発表した。OSに最新のAndroid 2.3を採用し、プロセッサはQualcomm MSM8655で、動作クロックは1.4GHz。ディスプレイは4.2インチのQHD(960×540)液晶で、裸眼での立体視に対応する。また、ツインレンズ仕様の3Dツインカメラを搭載することで3D写真や3D動画を撮影して楽しむことができる。

発売時期は6月上旬以降の予定で、事前予約は5月20日から受付開始となる。

最大の特徴はシャープが他の通信事業者向けに提供する同種の機種と同様に、3Dコンテンツを撮影できるツインカメラだろう。有効画素数は約800万画素。ソフトバンクモバイル向け「GALAPAGOS 003SH」ではシングルレンズのカメラだったため、3D写真を撮影するにはシャッターを押した後に端末を横にスライド移動させる必要があった。左目用、右目用の画像を無理やり作り出すようなもので、立体感の質は決して高いとは言えなかった。しかし、006SHには並行に並べた2つのレンズがある。これにより、高品質の3D写真、3D動画を手軽に撮影することが可能になった。

動画の撮影では720pのHD動画にも対応する。端末の前面には約31万画素のインカメラも備える。

カメラ、映像面に特色を持つ端末だけに、他のAV機器との連携機能も備わっている。DLNA機能を活かし、液晶テレビAQUOSやAQUOSブルーレイと接続できる。006SHの画像を液晶テレビへ映し出したり、逆にAQUOSブルーレイの録画映像を006SHで視聴したり、などだ。ただし、接続するAV機器もDLNA機能をサポートしている必要がある。

その他、国内フィーチャーフォンで定番のおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信をサポートし、緊急地震速報にも対応する。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n、Bluetoothは3.0。

端末のサイズは約130×64×13mmで、重さは約139g。カラーラインナップはプログレスレッド、ホワイト、ブラックの3色。この端末は同日ソフトバンクモバイルが発表したサービス「カバコレ」にも対応する。カバコレは自分の好みのデザインのカバーをオーダーメイドできるサービスで、006SHにはキャンペーンも用意される。6月19日までに事前予約をすると、カバコレのカバーが1枚プレゼントされる、というものだ。

左からプログレスレッド、ホワイト、ブラック


【情報元、参考リンク】
ソフトバンクモバイル/プレスリリース
ソフトバンクモバイル/AQUOS PHONE 006SHスペシャルサイト