Xi対応モバイルWi-Fiルーター「BF-01C」と「L-09C」を写真と動画でチェック

NTTドコモが今夏発売予定の次世代通信規格LTEサービス「Xi(クロッシィ)」に対応したモバイルWi-Fiルーター、「BF-01C」と「L-09C」を写真と動画でチェックしたい。同社は16日に開催した新製品発表会においてデモ機を展示し、直に手にとって確認することができた。


BF-01Cは7月~8月、L-09Cは一足先に6月~7月の予定で発売される。

BF-01Cはヒット商品「BF-01B」の後継機種で、デザインはほぼ同じ、サイズも同じ、という姿で登場する。ただし、カラーはホワイトになり、重さが約25g増え、130gになった。BF-01CはXi、FOMA、無線LAN、有線LANをサポートするほか、簡易NAS機能やメディアサーバ機能なども備える多機能製品。一方のL-09Cは純粋なモバイルWi-Fiルーターで、XiとFOMAをサポート。駆動時間はL-09Cの方が長く、Xiで最大約6時間の連続動作が可能。2製品の区分としては、L-09Cの方がやや安価な位置づけになるという。

各製品の紹介は下記リンク先の記事で確認して欲しい。
http://www.gapsis.jp/2011/05/nttltexiwi-fi2bf-01cl-09c.html

ここでは写真と動画を掲載したい。まずは動画から。


以下、写真を紹介。BF-01CがBF-01Bと同じサイズであることが写真からも伝わると思う。

 

 

 

 

 

 

 


【情報元、参考リンク】
GAPSIS/NTTドコモ、LTEサービス「Xi(クロッシィ)」対応モバイルWi-Fiルーター2製品を発表。BF-01CとL-09C
NTTドコモ/プレスリリース