NTTドコモ、LGエレクトロニクス製Androidスマートフォン「Optimus bright L-07C」を発表

NTTドコモは16日、韓国LGエレクトロニクス製「Optimus bright L-07C(オプティマス・ブライト)」を発表した。L-07Cは、世界最高輝度のディスプレイが特徴のスタイリッシュ・スマートフォンで、Android 2.3(開発コード「Gingerbread」)を搭載する。

軽量112g、薄さ9.5mmのフラットデザインは今回NTTドコモが発表したスマートフォン・ラインナップの中でも特徴的で、とてもおしゃれだ。カラーラインナップはブラックとホワイトの2色で、どちらの端末も男性女性問わずオススメできるカラーとデザインだ。さらに、きせかえ感覚で替えられる3色のリアカバーが同梱される。ブラック、もしくはホワイトの標準品と合わせて計3色のカバーを利用できる。ブラックにはブルーとマゼンダ、ホワイトにはライトブルーとライトピンクが付属する。

具体的なサイズは約122×64×9.5mm。ディスプレイのサイズは4インチ、解像度は480×800。この「NOVA ディスプレイ」は実物を見ると一目瞭然だが、とても明るく美しい映像表現が可能となっている。数値でいえば、最大輝度は700cd/m2で屋外の太陽光下などでも視認性が高い。また、ecoモード、照度センサーによりディスプレイの無駄な発光を抑え、消費電力の低減も図られている。

ネットワークはNTTドコモが6月以降に提供開始する下り最大14Mbpsのデータ通信には対応しないが、従来速度での通信でも多くの方に不満は特にないだろう。Wi-FiはIEEE802.11b/g/nをサポートし、テザリング機能も解禁されている。最大5台までのWi-Fi機器をL-07C経由でNTTドコモの回線を介してインターネットに接続できる。

発売時期は6月の予定。

※発表会会場からのデモ機の写真や動画は後ほど追加する予定。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
NTTドコモ/Optimus bright L-07C