手書きメモを手軽にデジタル化できるノート「ショットノート」に第2弾製品登場。Android向けアプリも6月下旬にリリース予定

キングジムは10日、手書きメモを手軽にデジタル化できるノート、「ショットノート」の第2弾製品を発表した。6月10日より発売予定。さらに同社はショットノートに書いた手書きメモを取り込むアプリを、これまでのiPhone用に加え、Android(アンドロイド)向けにもリリースすることを明らかにした。Android向けアプリ「SHOT NOTE Android」は6月下旬以降に無料配信される予定。


ショットノートは四隅に専用のマーカーが印刷されたノートで、デジタル化をより正確に、より手軽に行うことを目的とした製品。四隅のマーカーはノートに書かれた内容を正しく読み取るための補助の役目を果たし、専用のアプリで撮影することで、自動的に角度や色の補正などが行われる。前述したAndroid向けアプリを利用すれば、Androidスマートフォンでも手軽に正確な読み取りが可能となる。

 ちょっとしたアイデア商品ながら、非常に便利なアイテムで、ビジネスを始め、手書きメモをデジタル化する必要のある機会の多い方にはオススメだ。読み取り、デジタル化したデータは「Evernote」に保存したり、メールで送付したり、様々なサービスと連携利用することができる。

今回新たに発売される新製品は3タイプ。それぞれにサイズ違いやカラー違いで複数の製品がラインナップされる。

ノートの定番で横罫線のリングノートタイプ「ショットノート(ツインリングタイプ)」と、学生が手軽に使用できるルーズリーフタイプの「ショットノート(ケース付ルーズリーフタイプ)」、書いたメモを普段使用する手帳やノートに貼って、一時保管できるタイプの「ショットノート(貼ってはがせるタイプ)」。

価格はツインリングタイプが315円~630円、ケース付ルーズリーフタイプが315円~367円、貼ってはがせるタイプが357円。

ツインリングタイプ。S/A7変形、M/A6変形、L/A5変形、LL/セミB5変形の4サイズ展開

 

ケース付ルーズリーフタイプ。A5、B5の2サイズ展開
貼ってはがせるタイプ。ピンク、黄、緑、白の4色展開


【情報元、参考リンク】
キングジム/プレスリリース
キングジム/ショットノート製品紹介ページ